何者かになるとは

福岡からこんにちは!

本ブログは結構まじめなブログなので、もし読んでいただける方はコチラの動画の曲を聞きながら勢い良くお読みいただくことを推奨します。

 

ハシゴの就活支援事業を通じて、多くの学生から「平井さんは将来どんな風になりたいですか?」と聞かれよく考える。きっとみんなも就活するときに、この業界で働きたい!年収はこれくらい、何年目でマネージャーになって、何歳には結婚して、これくらいの事を成し遂げたい!みたいなものを考えて企業に入るんだけど、多くの人はその時の想いを忘れて、日々毎日を過ごす事で精一杯になる。これは、プラスの意味でもマイナスの意味でも。

 

自分が思ってたよりも仕事で成果を出す事に集中できる波に乗れれば、学生時代に考えてた以上の事を目指すことが出来る。逆もしかりで、成果が出ないと、とにかく現時点よりもプラスにするにはどうすれば良いかとにかく我武者羅に頑張って、どこかでその想いすら忘れてしまう気がする。(というか、実際周りを見ていて多いと思う)

 

自分自身、就職活動をしてる時は、「会社の名前で働く人になりたくない」という想いが強かった。大きなミッションに対し、裁量をしっかりと与えてくれる機会がどこよりも沢山あったサイバーエージェントに入社を決めて、最初の宿泊研修で藤田社長に「いつか子会社ひとつ任される経営者になりたいです」と言っていた。(せっかく社長に何か発信できるなら大胆にいこうと思っての発信だったけど、今考えたら言ってる人多そうで絶対目立ってなかったと思うけど)

 

その想いが通じてか、一番最初の配属先で当時の上司の大辻さんから新規事業を新卒一年目から丸々任せてもらうものの大惨敗。全ては自分の不甲斐なさからくるもので、オフィスで泣くこともあったレベルで悔しい想いを沢山した。その後もう一回チャンスを貰うも、それも大失敗だった。

 

とにかく自分自身への失望の連続だったし、頑張ってくれてたメンバーに対して申し訳ない気持ちでいっぱいだった。でも、憧れた先輩たちと同じように事業の立ち上げを絶対に成功させたいと思ってたから、往生際悪く新規事業の提案を何度もしてた。社会人3年目まで全く成果が出てなかった自分にとって、飯塚をはじめとした同期が大きな挑戦をし続けてたのも凄い刺激になってたと思う。

 

正直、就職活動をしてる時に自分が学生に関する事業をやると思わなかったし、福岡で働くことになるなんて考えもしなかったけど、3度目の正直になる「ハシゴ」の挑戦権をもらえた時は全てを捨てて我武者羅に頑張った。今となっては少しずつ成果も出てきたし、何より福岡や東京、大阪で働いてくれてるメンバーが本当に優秀で、最高のチームが出来て来たことが凄い嬉しい。

 

でも、果たしてこれで満足出来るレベルなのかと言われれば全然そんなこと無い。まだ今はスタート地点に立てただけで、もっともっと皆と大きな成果を目指したいし、そのために自分自身がドンドン挑戦して行かないといけない。

 

社会人になって、自分が沢山の失敗をしてきたからこそ思うけど、本当に「挑戦することはローリスクハイリターン」だと思う。多くの失敗は勿論凄い辛いけど、久しぶりに会う一緒に戦ってきた元メンバーは凄い今も支えてくれる。

 

社会人5年目もそろそろ終わり。「何者かになる」という明確な目標はまだ定まってないけど、とにかく挑戦し続けたいという自分のスタンスは変わらない。ただ、「会社の名前で働く人になりたくない」という想いから「会社をもっと大きくしたい」と本気で想うようになり、今はハシゴ以外のメンバーが成果を出すためのサポートに携われる経験を曽山さんにさせてもらっている。

 

「21世紀を代表する会社を創る」というサイバーエージェントのミッションは果てしなく大きいけど、そのために今日よりも明日、明日よりも明後日にちゃんと自分が成長する。今までの自分に枠にとらわれすぎず、常に目指すべきところは高く行動し続けよう。と、サイバーエージェントの設立記念日に意思表明も込めてブログを更新しておきます。

 

平井達也