自分以外に保険をかけるな

福岡からこんにちは!

 


先日、社内のプログラム
「CA36」に参加してきました。
※CA36についてはこちらのブログにて。

 

結果としては本当に大惨敗。
せっかくでるなら、絶対に実現したい!と思うようなアイデアを出そうと多くの方を巻き込んだのに、全く持ってかすりもしないレベル。ただただ悔しい思いをするばかり。

 

定義された目標に向けて何となく良さそうな積み上げの施策を考えて行くという現場的な思考で考えてしまい、そもそもの将来像を自分でしっかりと定義し直し先手先手の勝負というものが全く出来ていませんでした。

 

しっかりと目指すべきイメージを自分の中で固めた上で、大きなリスクを取って、徹底的に競合が嫌がる事をやっていかないと、いつまでも「ただの良い人」で終わっちゃうよ。と言う言葉は本当にきつかったです。

 

何かを決める時、リスクサイドに目が行き過ぎて、大きな決断がとりづらいが、経営は決断をすること。こんな提案してもな、、で終わったら意味がない。一見不可能そうなアイデアを実現レベルまで持っていくことで初めて意味がある。そこを徹底的に当事者意識を持って考え抜いて、自分で責任を持つ決断が出来ないなら成長なんて無い。

 

ハシゴの経営だけでなく、普段から決算などの情報に触れる時「実際自分がその経営するならどうするの?」を徹底して考える。ベンチャー企業で責任取ってやるなら、本当に自分でそのリスク取れるの?を常に考える。目指すべきところは高く。そこに向けて出来ることを愚直に。そして、ただ愚直にやるだけでなく、どう攻めれば相手と徹底的に差を離せるかを考え抜く。

 

「自分以外に保険をかけるな」
とにかく、
絶対に成果を出す。

平井達也