ネガティブに考えてポジティブに生み出す。

福岡からこんにちは!

 

先日メンバーとのやりとりを備忘録として。

 

メンバーから
「これすぐ出来るのでやりたいです!」と言われ、
この動き自体は凄い良いなと思ったのですが、
そこに中身が無いためストップをかけました。

 

何かの施策を行う時、
まずはネガティブにちゃんと考え、
その上でやりたい!という話なら良いのですが、
「出来るからやります」というのは結構リスクが有ります。

 

とりあえず作るだけ。
と言うのも、そこには人件費が入っており、
そのサンクコストを考えると、
「なんとしても入れたい」という考えを念頭に、
物事を考えてしまうことになります。

 

基本的には、先日も言ったとおり、
うちの会社は「最速か最高か」。
このどちらかであれば、最速を取るべきだと思っています。

 

ですが、既に運用しているサービスに入れる新機能は、
今いるユーザーたちにどういう影響をあたえるのか?
この機能によって困る人はいないのか?
勘違いする人はいないのか?

ということをネガティブに詰めていかないと、
せっかく時間を掛けても喜んでもらえないことが多いです。
(運用がながければ長いほどより顕著になります)

 

アイデアを沢山出すブレスト時はポジティブに。
しっかりと詰めるときはちゃんとネガティブに。
そのネガティブなポイントをポジティブに。

このループを出来る限り早く繰り返し、
良い機能をリリースしていきたいと伝え、
メンバーにも納得してもらいました。

 

とは言え以前と比べ、
メンバーからこういった提案が増えてきたのは、
個人的にはとてもうれしいことです。

 

インターネットコンテンツは、
運用力がキモなので、
引き続き、徹底的に詰めて、
いいモノを作っていきたいと思います。

 

話は変わりますが、
先日デパートに、
ウルトラマンがいました。

13479764_1116179921775833_934215283_n

とあるブランドとのコラボだったんですが、
ウルトラマンが商品を営業してる姿を見て、
何ともいえない気持ちになりました。

 

平井達也