自分年表を使った就職活動について-辛い経験やコンプレックスが強みになる-

福岡からこんにちは!

 

3月の就職情報解禁にともなって、
最近沢山の学生と会うことが増えてきました。

 

個人的には、一生働く(かもしれない)職場を選ぶなら、
出来る限りしっかり時間を掛けて、
いろいろな人と話して決めて欲しいと思ってます。
なので、17新卒の子だけでなく、18や19新卒の子も
しっかりと早めに動いてもらいたいなと。

 

さて、そんな就職活動の中で、一番大変なのは、

自己分析

大抵の就職活動で聞かれる「自分の強み」というのは、
案外、自分では分からないもの。

自分が一番長く自分と向き合ってるはずなのに、
自分の良さってわからないものなんですよね。

 

そこでオススメなのが、自分年表です。

スクリーンショット 2016-04-17 1.58.10
上図は自分の社会人の人生版ですが、
実際は中学〜高校くらいまででやると良いです!

 

自分にあったことを出来る限り詳細に
たくさん書いてみてください。
その時の、自分の感情変化を書くのが、
「自分年表」です。

 

まずは、30分と決めて自分の年表を作ってみる。
その後、ドンドン書きなおして項目を増やしてみる。
そうやって出来上がった後、見て欲しいのは、
「感情の差が激しい場所」

スクリーンショット 2016-04-17 2.00.29

 

自分が感じていた「辛い現実」を「どう乗り切ったのか?」
そのストーリーに自分なりに頑張った部分が現れやすく、
強みとして分かりやすく表現することが出来ます。

 

特に、
「人に言えないつらい経験」
「誰にも言えないコンプレックス」を持ってる人は、
それをバネに自分の強みをアピールすると最強です。

 

就職活動をする時、何か成果が出たことに対してばかり
に対して目を向けがちですが、
自分の苦手や辛さに目を向け、
どう乗り越えたか振り返ってみてください!

 

彼を知り己を知れば百戦殆うからず

 

平井達也