やるかやらないか

福岡からこんにちは!

 

途中まで書いたブログに大きく進展があり、
大きな結果が出るまで更新を止めてました。
(すいません、純粋にブログ更新サボってました。)

 

東京での仕事が一段落し、
お風呂争奪戦の無い福岡で仕事をしております。

 

今はまた改めて福岡の大学生と毎日就活について話しつつ、
学生とメンバーと、新規事業を仕込んでます。

 

さて、今回は更新を途中で止めてた、
一人のインターン生について。

 

それが、

こちら!!!!

12806092_1064257703630999_7168516088728159739_n

 

ハシゴ福岡のインターン松本が
宣伝会議大賞のシルバー賞を受賞しました!!

 

12790949_1064257660297670_5315328532949318435_n

まだ大学2年生。
デザイナーとしてインターンをしているのですが、
将来広告業界で働きたいが全体像がよく分からないとの事で、
まずはやってみようと紹介したのがこの宣伝会議大賞。

 

コピーライターを目指していなくても、
人に何かを伝えるというのはとても大変
ということを分かってほしかったので、
とにかく沢山のキャッチコピーを書くことに挑戦してもらいました。

 

最初は凄い楽しそう!と取り組んでいましたが、
企業は何を伝えて欲しいのか、
それをどう伝えたら人の心に刺さるコピーになるのか
を真剣に考え始めると難しくすぐに手が止まっていました。

 

普段何気なく使っている「言葉」も
真剣に向き合ってみるととても難しく、
「てにをは」を変えるだけでも大きく意味が変わります。

 

そこで、時間を区切ってとにかく目標の数字を出し切る。
という事を目標に、

まずは、1時間で30個出す。
それが行けたら次に40個、50個と挑戦。
その中から自分のお気に入りをプレゼンしてもらい、
実際に提出してもらいました。

 

とてもとても面倒な作業ですが、
「とにかくまず実行する。自信がなくても出してみる。」
という事を徹底してやりきった結果だと思います。

 

僕自身も、サイバーエージェントの新人研修で、
メンターだったウエンツさん(現在Techkids社長)に、
「とにかく打席に立とう。そうしないと何も始まらない」
といわれて、かなり吹っ切れた経験がありました。

 

今回の件から、他にも沢山の賞に応募してるみたいです。
何かを成し遂げて自信がついた人は、本当に成長する。

 

自分の才能や強みなんて言うものは、
やってみないと分からないことが多い。

「やるかやらないか」

 

自分の限界を自分で決めず、
色々なことに挑戦しよう。

自戒も込めて。

 

平井達也