視点の上げ下げ

視点 2

東京からこんにちは!
(出張で3週間ほど東京に来ています)

今日は巷でよく言われている「視点高い系」に関連するお話。
僕自身もより経営陣に近い感覚で物事を考えられるよう、
量をこなすことで視点を高く持つことを試みているのですが、
今回はただ高ければ良い訳ではないというお話。
(メモ帳整理してたら出てきたので、ブログに書いておきます)

 

これは前に会社の先輩に伺ったお話なのですが、
「サービス運用に携わる改修や企画を行う場合は担当プロデューサーの目線に、

事業全体の戦略を考える際は市場全体を俯瞰的に見て物事を考えられる必要がある。」

 

要は、会社内における仕事は、ただ視点がただ高いから良いのではなく、
しっかりと上げ下げし、その時時における適切な判断が出来る必要があるということ。

 

「今は運用の引き継ぎを行うにあたり、平日はガッツリ現場業務、土日にハシゴの方向性について経営を考える。」
みたいなスタイルで過ごしていますが、今後しっかりと市場での立ち位置を考えるにあたりもう少し未来を考える時間を作らないとなぁと思っています。

 

経営判断をしっかりと出来るよう視点を上げるために努力しつつ、現場のプロデューサーと話しながら視点のすり合わせを出来るよう、とにかく引き続き我武者羅に働きたいと思います。

自戒。